無利息サービスでお金を借りるための条件や注意点は?

MENU

無利息サービスでお金を借りる時の条件や注意点は何?

 

カードローンやキャッシングでお金を借りる際、誰もが気にするのが金利ではないでしょうか?

 

金利とはお金を借りるための手数料みたいなもので金融機関の収益となる部分です。

 

金利が高いほうがえられる収益は高くなりますので金融機関にとっては嬉しい限りですが私達消費者にとっては避けがたいものですよね。

 

金利が高くなるほど返済時に支払う利息額は多くなりますから、出来るだけ低金利で借りれるカードローンを探す方も多いでしょう。

 

いっその事無利息で借りれたならと思うこともあるのではないでしょうか?

 

しかし無利息で借りることなんて現実ではあり得ない話で、あるとすればそれはヤミ金の可能性が高いです。

 

実際に悪徳業者の中には「無利息で融資します」と言った謳い文句で消費者を騙そうとしていますよね。

 

こういった謳い文句は普通に考えれば怪しいと思い利用しないようにしますが、実は正規の金融機関で無利息でお金を借りる事が現実として可能です。

 

これは違法な行為でもありませんしましてや悪徳業者でもありません。

 

金融業者が提供するサービスの一つで、無利息サービスと呼ばれるものです。

 

意外と知らない方も多いですが、条件次第では一定期間無利息でキャッシングすることが可能なのです。

 

では具体的にどのようにして無利息でお金を借りるのでしょうか?

 

今回は無利息サービスを使ってお金を借りる方法、条件、注意点について解説します。

 

 

無利息サービスは大手消費者金融で可能

 

無利息サービスを提供しているのは主に大手の消費者金融です。
銀行でも極一部で無利息サービスを提供していますが、銀行はそもそもの金利が消費者金融に比べやすいため無利息サービスを行うことはあまり無いのです。
長い目で見れば銀行カードローンで借りたほうが利息はお得かもしれません。
しかし短期的な目的でお金を借りたい、借りたお金をすぐに返せるアテがあるという場合は消費者金融の無利息サービスで借りたほうが圧倒的にお得です。

 

無利息サービスの期間は基本的に借入日の翌日から起算して30日間有効というものが多いです。
但し金融機関によっては1週間だったり180日間だったりと期間が異なりますのでよく確認してから利用するようにしましょう。

 

無利息サービスの条件は厳しいの?

 

いざ無利息サービスを利用したいと思っても気になるのが利用条件です。
利息無しで借りれるわけですから何か特別厳しい条件があるのでは?と思ってしまいますよね。
ですが条件と言っても非常に簡単なものですから何も不安に思うことはありません。
例えば大手消費者金融でお馴染みのプロミスで無利息サービスを利用するための条件は、「初めてプロミスと契約すること」と「Eメールアドレスの登録とWEB明細利用」が条件となります。
たったこれだけの条件をみたすだけで30日間利息無しが適用されるのです。
こんなにも簡単な条件で無利息サービスを利用できるのですから活用しないと損だと思いませんか?

 

無利息サービスを利用する上で気をつけたいのが「無利息の適用開始日」です。
実は金融機関によって無利息の適用開始の起算日が違っているのです。
例えばプロミスやノーローンの場合は「借入日の翌日」から無利息サービスが開始となりますが、アコムやアイフルは「契約日の翌日」から開始となります。
つまり前者の場合は契約しても借入れをしないかぎり無利息サービスは開始されず、自分の都合に合わせることが出来ます。
しかし後者の場合は契約が締結になったらその次の日から自動的に無利息サービス期間が開始となってしまうのです。
借入れをしなくても無利息サービスが適用されてしまいますので、例えば契約してから30日経過後に初めて借入したとしても既に無利息期間は終わってしまいますので、無利息での借入れができなくなってしまうのです。
意外と見落としがちな部分ですので十分に気をつけましょう。
直ぐにお金が必要という場合は問題ないかもしれませんが、とりあえず契約だけしておこうと考えている方は、無利息サービスの適用開始日は必ず確認しましょう。